ダイエットには睡眠も大事!寝る時間によって太る理由とは?

熟睡すれば肌がピチピチに良くなるのは経験的にもわかるかと思います。

テレビの情報番組などを見ていると、寝ないとストレスがたまり、食事量が増えて太ってしまうと言われていました。

本当に睡眠をしっかりとらなかったら、食欲も低下して消化もうまくできないのに、なぜテレビではそう言うのか疑問に思いました。

そこで、睡眠と体重の関係について書かれたアメリカの学術誌(米国臨床栄養学ジャーナル、Journal of Clinical Nutrition)で研究の原文を探してみました。 (論文要約の原文は一番下に)



ダイエットと睡眠に関するアメリカでの研究内容は?

研究内容を見ると15人の健康の正常体重の男性を対象に、

・2日間、正常な睡眠(夜10時45分~翌朝7時)後15時間の間、食事量と新陳代謝の変化を測定

・2日間、制限された睡眠(夜中2時45分~翌朝7時)後、同じ内容の測定

を行い、睡眠時間の違いによる代謝量の差を調べました。

実験参加者がわずか15人というのが信頼性にはちょっと問題があるように見えますね。それでも実験内容を見ると合宿を行い、食事量まで監視してチェックしたのをみると、信じてもいいかと思います。

 

制限された睡眠は、正常な睡眠に比べ、活動量と代謝量が5~20%まで初日から目立つほど減少していました。

しかし、テレビの情報番組でやっていたように、睡眠をとらなかったことで食事の量が増加したり、食欲制御ホルモンであるグレリン、レプチン数値に意味のある変化は見られませんでした。

041-1

結局、睡眠をあまりとれないとストレスでたくさん食べて太るのではなく、昼に消耗するエネルギー量が減って太るという結論です。

 

結論だけで見ればテレビ番組と同じく、「寝ないと太る」と言っても良いかと思います。理由や中身は違いましたが。

勘違いで、「寝なければ動く時間がもっと長くなるから痩せるだろう」と思い込む人もたまにいますが、実際はその反対です。




僕の経験から見ても、熟眠するほどよく痩せます。

そしていつも睡眠時間が足りなくて、見た目は顔も青白くなって手足は細くなっている人は結局、脂肪は増えて、お腹は出てきます。

年齢が高いほどこのような傾向は強くなります。

なので自分が太っていると感じているなら、睡眠時間はしっかりとれているのかをチェックすることが必要です。

もちろん太る理由の7~8割は太りやすいお菓子、チョコなどのデザート、アイスクリーム、ケーキ、お酒などのカロリーのオーバー摂取(結局は食事よりはデザート、おやつでオーバーしてしまう場合が99%)ですが、睡眠も大事なので私たちは睡眠時間をダイエットにはもちろん、自分の健康のためにも気にしたほうがいいです。

 

参考にした外国の原文資料内容

Abstract
Background: Short sleep duration is correlated with an increased risk of developing obesity and cardiovascular disease, but the mechanisms behind this relation are largely unknown.
Objective: We aimed to test the hypothesis that acute sleep loss decreases physical activity while increasing food intake, thereby shifting 2 crucial behavioral components of energy homeostasis toward weight gain.
Design: In 15 healthy, normal-weight men, spontaneous physical activity was registered by accelerometry during the entire experiment, and food intake as well as relevant hormones were assessed during a 15-h daytime period after 2 nights of regular sleep (bed time: 2245–0700) and after 2 nights of restricted sleep (bed time: 0245–0700). Experiments were performed in a crossover design.
Results: Sleep restriction significantly decreased physical activity during the daytime spent under free-living conditions after the first night of sleep manipulation (P= 0.008). Also, intensities of physical activity were shifted toward lower levels, with less time spent with intense activities (P = 0.046). Total energy intake, feelings of hunger, and appetite as well as ghrelin and leptin concentrations during day 2 remained unaffected by acute sleep restriction.
Conclusions: In contrast to our expectation, short-term sleep loss neither increased food intake nor affected concentrations of the hunger-regulating hormones leptin and ghrelin. However, the observed decrease in daytime physical activity may point to another potentially important behavioral mechanism for the health-impairing influence of sleep loss.

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る