筋トレの効果はどれくらいで出始める?倍増には休息時間が肝!

筋トレをやりはじめたばかり人が気になる内容を書いてみます。

筋トレってどれぐらいで効果が現れるのか?

そしてどうやれば短い期間に誰よりも早く筋肉をつけられるのか?に関する内容なのでこの記事をちゃんと覚えて役に立つといいですね。



100日でマッチョになれるのは嘘

世間、マスコミ、テレビ番組などで知られているような、100日でマッチョになる方法とか3ヶ月で体作り完成などの大げさなタイトルで皆さんがやり始めてもいないのに期待感ばかり高める刺激的なデタラメな情報があふれてます。

本当に3ヶ月で、100日で体の鍛えは完成できるのか?

そんなことできるなら、街中の人々がみんな筋肉質でいい体の人だらけでしょう。
筋トレをやり始め3ヶ月で、100日で効果を感じるのは自分だけです。

しかし、もしダイエットもついでにやってるのなら効果を感じやすいでしょう。

ダイエットは食事の内容改善&適切な有酸素運動&禁酒&禁煙さえしっかり出来れば、肥満度にもよりますが3ヶ月で体脂肪約6キロから30キロまで落とすことができます。

 

過大広告が世の中に間違った常識を与えている

110-1

ライ○ップで広告してるものがその大げさの代表的なものです。

みんな体脂肪が多い人をちょっと体脂肪減少させ、1・2ヶ月でつけたちっぽけな筋肉を見せ、いい体に変わったと宣伝しています。

正直いうと詐欺だと言えるほどの大げさな広告です。

つまり、体脂肪落とすのはとても簡単で、誰でもできる一番簡単なものです。
ただみんなその理論的な部分の知識が浅いから、やる気がないから、根性がないから

ダイエットに失敗するだけでダイエットほどやりやすいのはありません。
なのに、大金を払ってライ○ップみたいな一般人とあんまり変わらない浅い知識を持った人が指導するところに通うのは本当に無駄使いですね。

(CMの内容がもし2・3ヶ月でガリガリな人が健康的で厚みのある筋肉質になる内容なら認めますけどね、、
ガリガリのままでデフィニションが鮮明になるだけなら誰でもできるデタラメ)



短期間で効果が出るのは簡単ではない

本題に戻りまして、ダイエットは簡単に効果が出る反面、筋トレの効果を出すには結構時間も必要だし、スキルも必要だし、知識も必要です。
筋トレを甘く見てる人たちが多いと思いますが、それは本当に勘違いです。

 

筋トレも結局スポーツです。

 

つまり、ゴルフ、テニス、野球のようにちゃんとした理論や、やり方、知識がない限りは、いくらやっても筋肉をどんどん作りあげるのは不可能です。

知識がない、理論も知らない人は最初だけ筋肉がちょっとつくだけでそれから後は発展がないです。
(最初は生活必須筋肉と言って、人間の生存本能によって最小限の筋肉がつきやすい状態です)

ジム通ってる人なら分かると思いますが長く通っても筋肉があんまりない人がそういう人です。

結局やり方、知識によって効果が出る期間は千差万別です。

はっきり言えるのはしっかり理論通りに筋トレを行い、食事をとり、休憩を取れば3ヶ月でもある程度の効果は出ます。ただ初心者が1人でそうなるのは相当厳しいです。

なので初心者が筋トレをやり始めて効果を感じるのは平均的に半年はかかります

そして周りの人から気づかれるまでは1年はかかります。

もし筋トレをやり始める人は甘くない事実を知った上でやりましょう。

2~3ヶ月だけやってすぐ効果を出そうとする人は残念ですがそれは無理です。
(例外ですが、知識のあるトレーナーに教わりながら週6日続けていけばできます)

 

筋トレには休息する時間が必要!

110-2

皆さんは例えば、ベンチプレスを1セット行って、それからどのぐらい休憩時間をとってますか?

多分、ほとんどの人が時間を計っていないか、気にせず何分も長く休む人がいるのではないかと思います。
だから筋肉成長が遅くなるわけです。

理論を深くまでは言いませんが(長くなりすぎますので)、

とにかく筋肉成長のためには、各セットの間の休息時間は30秒~60秒の間がベストです。

それ以上に休んでしまうと筋肉に大きな刺激(打撃)を与えることは難しいです。

筋肉が大きくなるのは刺激ですからね!重量ではありませんよ!

筋トレが上手な人は短い時間内にハードに筋肉の繊維に傷をたくさんつけられるスキルを持っています。

筋肉が大きくなる原理は分かりやすく言うと、筋肉繊維に傷がつき、回復することで大きくなるということです。

 

これからはセット間の休息時間をしっかり気にして、より早い筋肉成長をさせてみましょう!

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る