筋トレや有酸素運動の効果を倍増させる食事のタイミングとは!

今回の記事は、筋トレや有酸素運動をされている方たちが気になってる内容の1つかもしれません。

効率が良く、体にも負担のない健康にも良い食事のタイミングを紹介しますので、参考にしてみてください。



まず、言いたいのは筋トレであろうが、有酸素運動であろうが、どっちも運動は運動です。

(ただ酸素をいっぱい使うか、少なめで使うかの違い)
なので筋トレに最適な食事時間、有酸素運動に最適な食事時間は実際には同じです。

人間は摂取した飲食を消化するのにだいたい2時間はかかります。

消化時間のことを考えると食事後に運動をするのであれば、少なくとも90分は経ってから行った方が、体にも負担なく運動もしっかりできるということです。

食後90分以降に運動をした方が良い理由

109-1

なぜかというと人間は運動を開始すると体を動かすのにエネルギーを集中して送ります。

運動している部位の筋肉に集中してエネルギーを送ることで内臓器官は動く力をほとんど出せません。

消化されてない飲食物が胃腸に残ってたらどうなると思いますか?

体の体調を崩し、胃炎になる可能性が高くなります。

もちろん運動効率もともに落ちます。

なので運動前の食事は少なくとも90分以上前には終わらせておいた方が良いです。

食べても食べていなくても関係ない?

ここで知っておいて欲しいのは、運動前に何も食べずに運動しても、何かを食べて消化させてから運動しても、

ダイエット&筋トレの効果は変わりはないということです。
筋トレや、ダイエットは1日中に食べる総カロリーと栄養素で決まるもので(特にGI値が重要)
いつ食べると倍増な効果があるとかそういうのはありません。
ただし、タイミング的にオススメするタイミングはあります。



健康的で安定的に筋トレ効果&ダイエット効果を得られるタイミング!

まず、筋肉増加目的でもダイエット目的でも食事は3食以上することが重要です。

特に4食以上に分けて食べたほうがより効果的です。
なぜかというと食事の回数が増えることで(1日に食べる量はしっかり決めて分配しておく)空腹感をなくし、爆食の予防ができます。
そして安定的で持続的にエネルギーを供給します。
そして少なめで何回に分けて食べることは血糖値を急増するのを防ぎ、太る心配がなくなります。
タイミングでいうと、
朝起きてから運動2時間前に1食

運動が終わってから1時間後に1食

それから3時間後に1食

また3時間後に1食
とすれば、ダイエットにも筋肉増加にも、効果倍増に近い効率のいい食事タイミングだと言えます。

(もちろんちゃんと自分の1日代謝量を把握し、調節しながら食べるのも重要でGI値を考えた食事内容も重要です)

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る