基礎代謝のエネルギー消費量や違いとは?ダイエットや運動がカギ!

私たちの体からエネルギーを出す栄養素は炭水化物、脂肪、タンパク質です。
この栄養素たちがエネルギーになった後、体で使用される優先順位とやり方によって私たちの体は太ったり、痩せたりします。

そしてエネルギーレベルによって筋肉が作られたり、分解されたりもします。

自分の体を望む方向に「彫刻」するためにはこのエネルギーの方向を自分が望む通りに動かす必要があります。

下は身体が正常な状態にある場合、エネルギー消費の手順です。

激しいダイエット、あるいは特別な運動療法や薬物処方で変わる場合もありますが、一般的な場合はこのような手順で体のエネルギーを使うようになります。



1.最優先: 基礎代謝

基礎代謝は心臓が動き、呼吸をし、寿命が尽きた細胞を交代し、腎臓が小便を作り出すなどの、生きているための体の最小限のエネルギー消耗量です。

また、すぐには使われていないという組織も「待機状態」を維持するために、ある程度のエネルギーを必要とします。
このようなことを基礎代謝といいます。

一般的に私たちの体の全体エネルギーの60~70%程度がこの基礎代謝に消費されるので、最もエネルギーをたくさん必要とします。

深刻なダイエット、過度な運動などでエネルギー状態が不良になる場合、一番先に打撃を受けることになります。

人体は甲状腺ホルモン、男性ホルモンなど代謝ホルモンの分泌量を調節して基礎代謝量のレベルをある程度まで調節することができます。

この過程は筋肉内のミトコンドリアの活性を低下させる方法(つまり、工場でいくつかのラインを停止させる)で行われるために体内の筋肉量とは無関係です。
つまり、同じ筋肉量でも基礎代謝のエネルギーレベルは異なることもあります

ガリガリの体の人の場合、このセット自体が先天的に高くなっている可能性が高いです。

同じ筋肉量でも精密に測定した実際の個人別の基礎代謝量は差が大きいです。

(体成分の検査表上の基礎代謝量は筋肉量と体重、年齢などを基準にした平均的な推定値であるだけです。)

111-1
そして同じ運動をした時の消耗量ももちろん、違います。

(筋肉を分解するのは、この段階を超えた時の問題です。 ラインの中止だけでは手に負えない時、工場を売却したり、撤去することのように)

運動が代謝量に適用されるのは両面性があって、落としたりもしたり、上げたりもします。

実際の長期間ダイエット中の方々、または過度な運動をされている人達のホルモン数値を調べてみると、多くの方々が低エネルギー状態でセットになっています。

筋肉の量が間違いなく多く、食事も調節して、運動をたくさんするのにもこのような人たちはなかなか体脂肪が減少しないです。




単に代謝の低下のせいである可能性もあり、女性の場合は甲状腺機能低下といった代謝疾患である可能性もあります。

このような人たちは食事の量を増やして適切な休息と若干の体重の増量でエネルギーレベル(基礎代謝量)を引き上げれば、止まった体重減量(ダイエット)は確実に再開できます。

 

代謝疾患の場合は薬物処方で簡単に治すことができます。

逆にすごく痩せている方たちはもっと痩せてしまうかと心配して、エネルギーを消費しないようにあまり体を動かさない場合が多いですが、余分のカロリーを高めることはある人にはむしろ代謝量のセッティングをさらに引き上げる悪循環になることもあります。

このような場合は適度な運動を通じて過度な代謝量のセッティングを下げる段階を乗り超えなければなりません。

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る