あなたがオナラを止められない10の原因と対処法を探る!

今日は運動やダイエットの話ではありませんが、生きていて止めることのできない厄介者について書いてみようと思います。
私たちはオナラをするとその事実を隠すためにマッチを擦ったり、咳をしたり、訳もなく横にいた犬に叱ったりなど様々な行動をしますね。

普通の人たちは1日に平均14回もオナラをしているそうです。

もし、皆さんがこれよりもっと多い回数のオナラをしたり、便器に座って過ごす時間が長い場合は必ずその理由があります。



1.野菜を食べる時

031-1

ブロッコリーはひどいオナラのにおいを出す主な食べ物です。

キャベツもブロッコリーと共にオナラを誘発します。

この野菜類は私たちが自主的に消化できず、内臓にあるバクテリアが消化をさせます。この過程で副産物としてガスが発生します。
食物繊維が豊富な食品であるマメ、植物も同じです。
健康のために食べなければならない野菜であるだけに、ゆっくり摂取量を増やして適応して行ったり、胃腸内のガスを排出する薬を飲んで備える方法もあります。

2.乳糖不耐症がある時

031-2

チーズはひどいにおいのせいで”オナラを出してにおいがする(cutting the cheese)”という慣用語で使われるほどです。
多くの人が乳製品を消化できない乳糖不耐症を持っています。
年を取るほど乳糖消化を助ける酵素を失います。
例えば、一週間チーズや乳製品を食べないで過ごし、また食べ始めた時にひどいオナラが出てきたらあなたは乳糖不耐症の確率が高いです。
この場合はラクターゼのサプリメントを一緒に摂取すると、ガスの予防ができます。

3.食べ物のアレルギーがある時

031-3

グルテンに敏感な人たちはお腹が膨らみ、止まらずオナラを出す症状があります。
また、果物に入っている天然糖分がまた他のガス触媒になる恐れがあります。
ラクトースのように果糖も消化できない砂糖で、ガスとして排出されます。
炭水化物と糖アルコールが少ない食事にするとオナラの原因を解明するのに役立ちます。

それでもオナラが止まらない場合は、胃腸病専門医に行く必要があります。

4.人工甘味料を食べる時

031-4

私たちの体は砂糖であれ人工甘味料であれ、甘みは手放せない存在です。

あなたがカロリーのない人工甘味料を食べた後にひどいオナラを出す場合は、天然砂糖に変える必要があります。
皆さんは食べる食品の成分表を注意深く見る必要があります。
人工甘味料としてはスクラロース、アスパルテーム、ネオタム、サッカリン、アセスルファムK(カリウム)などがあります。

5.ストレスを受けた時

031-5

皆さんは重要な発表やミーティングを控えてオナラがさらに発生するのを感じてみたことがありますよね?これは科学的理由がある症状です。
人間はストレスや不安感で緊張した時、お腹が鳴る音を含めた多様な身体的症状が現れます。
胃腸機関はホルモンと非常に密接な関連があります。
慢性的なストレスは、胃腸問題を起こして胃酸を過多分泌させます。この時にある人は下痢をしたり、ある人は吐いたりします。



6.炭酸飲料を飲む時

031-6

炭酸水でもシャンパンでも、炭酸が入った飲み物は泡を作る二酸化炭素のためにもっと多くのオナラを作ります。
二酸化炭素は、なんとかして私たちの体から出ようとします。
泡があるものすべてが体の中をぶくぶくするようなのではありませんが、明確に一つの原因だと言えます。
炭酸飲料を飲んだ後にお腹がガスでいっぱいになることを感じられたら、飲むのは一日一杯以下にしたほうがいいです。
そして一口ずつゆっくり飲みましょう。(でも炭酸飲料を飲みたい時はがぶ飲みしたいですけどね。)

7.抗生剤を服用する時

031-7

抗生剤はひどい細菌感染を解決するのに必要です。
しかしそれらはまた腸内バクテリアにも影響を及ぼします。

抗生剤を服用して発生する一番大きな問題の一つはガス生成と下痢を誘発するクロストリジウム・ディフィシルリ菌の異常増殖です。
この菌による典型的な症状としては、便が柔らかくなる程度で収まる場合もありますが、ひどいと血性の下痢や腹痛、さらには発熱まで引き起こすことがあります
基本的には健康な人でも腸内にこの菌を持っているとも言われています。

異常増殖となる際には抗生剤を投与してから5日~10日で症状が出る場合が多いですが、早ければその日のうちに出る場合もあります。

また、抗生剤の治療を終了した10日後に出る場合も報告されています。
クロストリジウム・ディフィシルリ感染兆候かなと思ったら医師に抗生剤をやめるべきなのか聞いてください。

8.腸内に有益な細菌がない時

031-8

大腸には、100種あまりの細菌が住んでいます。
普通私たちの体に有益な菌や有害な菌が均衡していますが、食事の内容が悪かったり、調子が悪くて体内に炎症が生じた時にはそのバランスが崩れる可能性があります。
この場合、多くの有害な菌は腐敗ガスを作り出し、臭いオナラを出させます。
この場合はプロバイオティクスがカギであります。
数十億匹の立派なバクテリアを含有しているプロバイオティクのサプリメントを飲むことが解決策だと専門家は助言しています。
ヨーグルトに入っている商品もあるのでうまく取り入れると良いですね。

9.食べ物を急いで食べる時

031-9

急いで食べ物を食べることはあなたが多くの空気を食べることを意味します。
ストローでドリンクを飲む時も同じです。
あなたが飲んだ空気は胃腸機関に入ります。
胃腸機関は基本的に口から肛門までつながった長いチューブです。
なので、空気が多ければガスの発生も多くなります。解決方法は簡単です。
ゆったりちゃんと噛んで食べればいいです。食べ物をゆっくりと噛んだりすることには、わずか数分しかかかりません。

10.病がある時

031-10

珍しいケースですが、慢性的なガスは過敏性大腸症候群、クローン病、小児脂肪変症やまた、他の感染などが原因である可能性があります。
これらの疾病を放置してしまうと症状はさらに悪化してあなたの体が必要とする栄養分を継続して吸収できなくなる恐れがあります。

むかつき、吐き気、体重減少、血便などの症状を伴いながらガス量も増加したら、病院に行ったほうがいいでしょう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る